ローンは増税前に検討を

銀行などで利用するローンは増税前に検討しておくべきです。とくに、生活に直接関係する消費税には、敏感になっておくほうが賢明です。

あらゆるものに一律にかかる消費税は、それだけ家計を圧迫します。たとえローンの支払額が同じであっても、使えるお金は制限されますので、結果的に返済が苦しくなってしまうのです。

大きな買い物をすれば、それだけ消費税増税後の負担も重くのしかかります。社会情勢には敏感にアンテナを張り、最新情報を手に入れておくことが賢明です。ローンの利用は、自分の財布だけではなく、国の財政にも気を配りつつ、賢明な判断をしていきましょう。

ローンを一括返済するメリット

住宅ローンなどの長期の借り入れを抱えている場合には、出来るだけ早い段階で今よりも低金利のローンに借り換える一括返済をする事が大切です。

ステップ返済などを利用して始めの数年間の金利を抑えている場合には、後の支払額が大きくなる事が予想されますし、勤務先の倒産や転職などにより今ある収入に急激な目減りが出る事も考えられます。

低金利のローンに借り換えて一旦は一括返済をしておけば、ステップ返済による返済額の増加も気になりません。その後も続けて低金利での返済になるので、収入面や生活面に変化が出ていたとしても、滞りなく返済を続ける事が可能です。

長くて高額な借り入れだからこそ、良い時期に賢い返済方法を選択し、少しでも多くの負担を減らす事が肝心です。

退職金でのローン返済は待ったほうがいい

退職金で残りのローンを一括で支払う方も多いと思いますが、待ったほうがお得の場合もあります。

住宅ローンは自動車ローンやキャッシングと比べて今なら平均1%前後とかなりの低金利になっています。返済期間も非常に長いので、長い期間非常に低金利でお金を借りられているのと同じ状態になります。また、団体信用生命保険という生命保険替わりになる保険までついており、契約者が万が一に死亡した場合にはその後の支払いをする必要がなくなります。

退職金で残りを支払ってしまうとその恩恵がなくなってしまうので、今後のライフプランに合わせて返済プランを考えてみるべきです。

信頼された上でローンの代理を行う

しっかりと借り入れをしたい場合は、できるだけ自分の力で行うことが望ましいのが社会通念です。住宅ローンのように、人生では必ず必用となるものもあります。基本的にお金を借りることを意味する行為ですから、お金を借りるためには相手からの信用を得なければなりません。

ローンを契約するまでにはさまざまな手続きを行いますが、その一部を他の方に代理することもできないことはありません。ただ、そのような時には相手から信頼された上でその行為が行われているのか、こちらでも気をつけておかなければなりません。相手からの信頼がなければ、借り入れはできません。

ローンと分割は同じ?

「ローン(loan)」とは貸付のことを意味し、金額や利率、期間、担保の種類などを決定したうえで、物品や権利を貸したりすることを言います。対して、「分割」とは、あらかじめ一度に返済を行わないことを前提とした契約で、回数を分けて返済する「分割払い」のことを意味します。

したがって、「ローン(loan)」とは支払方法そのものを指しているわけではなく、あくまで融資や借金のことを言います。どちらも、月々少しずつ返済していくことに違いありませんが、「ローン(loan)」の場合は、商品を購入したところとは別の、銀行などの金融機関にお金を返済することになります。

住宅ローンはいくらが限界か

住宅ローンを借りる時にはいくら位までにしておくのが理想かをご存知でしょうか。年収の5倍が理想とされています。年収が500万の方なら2500万ですね。無理な返済にならず返していける目安ですので返済額は少ない方が良いに越したことはありません。

しかし、一生に一度あるかないかの大きな買い物ですので、少し無理をしてでも良い物件を買いたいというのが心理かと思います。実際は年収もアップする場合が多いし、今は金利が非常に安いのでもう少し借りても問題ないと思います。ただ、住宅ローンに圧迫されないようなライフスタイル作りが重要です。

但馬、豊岡、養父、朝来でローンの見直しについて

但馬でローンなら但馬信金

豊岡市中央町17-8

http://www.tanshin.co.jp/atm/
(代表)0796-23-1200

豊岡、美方、養父、朝来、福知山、京丹後市、姫路に支店

ローンについての関連記事