リフォームローンの金額を追加する

住宅は築年数が経つと内装を変えたり、水回りを見直したりしなければならなくなれます。そんな時にリフォームローンを利用します。

一度リフォームローンを組んだ後になって、家族の状況を再考し介護に適した住宅に予定を変更する場合もあり得ます。

一度組んでしまったリフォームローンの利率を考えながら、追加の増資を検討しますが、別の銀行などに融資を頼むよりも同一の金融機関で追加した方が便利ですし、お得な場合もあります。

それは増額した分だけローンの総額が多くなるので、全体的な利率が下がることもあるからです。まずは同一の金融機関に相談してみましょう。

マンションの改築にリフォームローンがよく使われています

戸建てやマンションの部屋の改装改築にリフォームローンを利用することでできます。新築で購入した家でも、長い年月にわたって居住していますと、いろんな部位に損傷や劣化が生じてくることは避けられません。リフォームが必要になってくるのですが、おおよそ、一か所に対して50~100万円程度の費用がかかるものと見られています。

もし全面リフォームするとなると、1000万円を超す事例もあります。ある意味、新築と変わらないほどの経済的負担を余儀なくされることも稀ではありません。そのようなとき、リフォームローンを利用することで、たとえばキャッシングローンなどを使うよりも低金利で資金調達が可能となってきます。

リフォームローンの申し込み方法について

リフォームローンの申し込みの方法に関しては、各地の金融機関のシステムによって大きなバラつきが出ることがありますが、早期に資料を請求することがとても有効です。

人気の高いリフォームローンの大半は、返済期間が長めに設定されていることや、手数料がかからないことがメリットとして挙げられます。

こうしたリフォームローンの契約を結ぶ時期について迷っていることがあれば、経験豊かな金融機関のスタッフからアドバイスを受けるだけでなく、実際にシミュレーションを行うことがおすすめです。そして、契約プランの良しあしをじっくりと比較することがコツです。

ピンポイントで使えるリフォームローン

通常、家を建てるときや中古住宅を購入する際には住宅ローンを組みます。リフォームローンも住宅ローンの一種ですが、特に既に建築済みの建物をリフォームする際に利用されます。住宅購入時の住宅ローンと違うのは、金額が比較的少額であるという点です。

例えば、浴室まわりだけをリフォームするとか、階段や上り口に手すりを設置するとかの、比較的小さな案件でも対応してもらえます。また、リフォームの内容がバリアフリー化するためのものである場合などに、優遇金利が適用されるという場合もあります。どちらかというと使い勝手がいいローンになります。

リフォームローンの特徴

住宅をリフォームする際に利用するリフォームローンには、有担保ローンと無担保ローンの2種類から選べるのが特徴です。有担保ローンは借入限度額が2000万円以上のものが多く、金利も低く返済期間も長めに設定されていますが、そのため担保評価などの審査も厳しく時間がかかる上、返済が困難になった場合は担保を失うリスクもあります。

一方無担保ローンは借入限度額が500万から1000万円程度に抑えられ金利も高めですが、審査も早く手続きも簡単なので気軽に利用することができます。両方の特徴を踏まえ、リフォームの規模に合った選択をすることが大事になります。

リフォームローンは無担保が多いです

リフォームする為に、資金を銀行や信託会社から借り入れるローンのことを、リフォームローンといいます。住宅ローンと比較すると、借入額の上限が全体的に低く設定されていて、借入期間も15年程度と短く設定されています。

無担保で借りられるケースが多く、申し込みや契約手続きがとても簡単で、住宅ローンとの併用も可能です。リフォームローンのサービスや金利は、金融機関によって異なるものです。完済までの総支払い額や、返済時の利便性にも異なる点があるため注意しましょう。いろいろな機関から見積もりを出してもらい、比較するようにしてください。

リフォームローンについての関連記事